小出雪合戦の由来

小出郷に古くから伝わる「雪合戦」は、その起源を戦国時代へと遡ることができる。

天文4年(1535年)の初春、まだ大地が雪で覆われていた頃、越後の雄"長尾為景"と"上杉定憲"の争いは領土全土を戦乱の渦に巻き込んでいた。

小出郷も「一本杉の戦い」と呼ばれる局地戦が昼夜を徹し行われ、矢尽き 刀折れ、疲れ切った双方の将は、相手を物凄い形相で睨みつけたまま雪原に膝をつき肩で息をしていた。

・・・・その時である!

長尾為景は握りしめた雪玉を相手に投げつけた。額に受けた上杉定憲もとっさに雪を投げ返した。

・・・・これが現代の日本で認識されている最古の雪合戦の記録である。

「一本杉の戦い」は勝負を決することなく終わったが、この模様は目撃した領民に語り継がれ、やがて「雪合戦」は武芸のひとつとして確立することとなる。

平成の年「雪合戦」は復活。それは雪国小出の独自の文化と精神の復活である。   ・・・・かな?

▲ページトップ

大会概要

大会名 第30回小出国際雪合戦大会 ~MISOJIになりました。よろっと魚沼こいてぇ!~
期日 平成30年2月3日(土) <前夜祭交流パーティー>
平成30年2月4日(日) <雪合戦大会>
種目 雪合戦
会場 新潟県魚沼市 県立響きの森公園 雪のコロシアム
募集数 大人の部(中学生以上) / 225チーム
子どもの部(小学生以下)/ 24チーム
チーム編成 1チーム5人編成(男女混合可)
参加費 大人の部(中学生以上) / 1チーム:12,000円
子どもの部(小学生)  / 1チーム:5,000円
※傷害保険料代を含みます。参加商品あり、昼食あり
大会日程 平成30年2月3日(土)
前夜祭交流パーティー 17:30~(参加費/1,500円 希望者のみ。小学生以下無料)
※会場:小出ボランティアセンター
※雪合戦参加者と魚沼市民による交流パーティーです。
楽しいイベント企画が盛りだくさんですので是非ご参加ください。


平成30年2月4日(日)
第30回小出国際雪合戦大会
会場:新潟県魚沼市 県立響きの森公園 雪のコロシアム
<競技>
受付       : 8時00分 ~ 8時30分
開会式      : 8時45分 ~ 9時10分
代表者会議    : 9時10分 ~ 9時25分(雪上ステージ前)
予選リーグ    : 9時30分 ~ 12時00分
決勝トーナメント : 13時00分 ~ 15時00分(子供の部~大人の部)
閉会式      : 15時30分 ~

<イベント>
コスプレ写真コンテスト    : 9時30分 ~ 11時00分(雪のステージにて)
風船無料配布・ポップコーン  : 10時00分 ~(先着順)
無料配布(1回目)
コスプレ写真コンテスト    : 11時30分 ~(雪のステージにて)
表彰式
餅つき大会(無料配布サービス): 12時00分 ~(雪のステージにて)
風船無料配布・ポップコーン  : 13時30分 ~(先着順)
無料配布(2回目)
※時間・内容に変更がある場合がございます
参加資格 小学生以上
健康で大会要項を遵守できる人
表彰等
  • 【表彰】
    各部門ごとに1位から4位、審判長特別賞、実行委員長特別賞
  • 【賞品】
    表彰状・優勝トロフィーのほか、魚沼産コシヒカリ・地酒をはじめ、地元特産品を多数ご用意。
参加賞
  • あり
その他 ゴーグルは必ずご持参下さい。

【申込みに関する注意点】

  1. 定員になり次第、期限前でも締め切ります。
  2. 定員に達した場合は、当ホームページでお知らせいたします。
  3. 先着順の申込み受付完了は、指定の銀行口座に参加料をお振込頂いた日が完了した日となります。
  4. 募集期間を過ぎた参加費のご返金は致しかねますのでご了承ください。

▲ページトップ